40代男性くも膜下出血 左片麻痺

空手道家、師範代。空手道元世界チャンピオン。くも膜下出血発症。症状は軽度であったため、集中的なパーソナルトレーニングでは、実践的な空手道の指導内容を加味し、空手道型の確認から、基本的な体力トレーニングを実施。4か月後に空手道稽古に復帰された。

リハビリで空手師範に復帰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です