パーキンソン病

パーキンソン病は安静時振戦、筋固縮、無動の3大主徴、それに進行するとみられるようになる姿勢反射障害も加えて4大主徴が挙げられます。それらの2つ以上でパーキンソン病が疑われます。パーキンソン病の根本的な原因は未だに解明されていません。難病認定されています。まずは無動等の症状で廃用を起こさないよう対策が必要です。難病等の保険外、自費のリハビリは代々木リハビリセンターにお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

若年性脳梗塞