アテローム血栓性脳梗塞

アテローム血栓性脳梗塞は、脂質異常症や糖尿病、高血圧、喫煙などの危険因子により引き起こされた動脈硬化が原因で発症します。動脈硬化によって、アテローム(プラークとも呼ばれる)が成長し、血液を流れにくくしたり、血液の固まりを形成することで脳梗塞を起こします。再発にも注意が必要です。代々木リハビリセンターでは再発予防、運動以外のご相談もお受けしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

パーキンソン病

次の記事

足梗塞