無症候性脳梗塞

MRIなどで脳梗塞と考えられる病変があるにも関わらず、症状がないものをいいます。後になって症状が出てくることもあります。脳血管性認知症のリスクも高まります。無症候性脳梗塞の診断を受けた方はその後の脳卒中発生率は高くなるといわれています。血圧管理など、十分な注意が必要です。適度な運動も大切です。予防リハビリのご相談は代々木リハビリセンターまでお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ボトックス治療

次の記事

芸能人