野村克也氏

野村克也氏急死を受け、多くの関係者、野球ファンが悲嘆に暮れています。改めて今回の野村氏の死因ではないかといわれているヒートショック、怖いですね。暖かい場所から寒い場所へ移動することで起こる急激な温度変化が、血圧を大きく変化させて起こる健康障害。失神、脳梗塞、心筋梗塞や不整脈などが引き起こされ、浴室で起こると転倒の危険や、湯船でおぼれるなど、命に関わる場合もある。野村氏は10日未明、浴槽の中でぐったりしているところを家政婦に発見された。発表された死因は虚血性心不全だが、誘発したのはヒートショックではないかといわれている。やはり危険なのは冬場のこの時期。暖かいリビングから暖房のない脱衣所に移動し、そこで服を脱ぎ、暖かい湯船に漬かる。実はその間、血圧は乱高下しており、心臓に大きな負担をかけている。脱衣所や浴室内を暖かくすることが大事。また、トイレも同様です。野村監督ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

脳梗塞の後遺症

次の記事

スタジオの場所