回復期病棟

脳梗塞をはじめとする脳血管障害のリハビリテーションは、症状によりますが、回復期病院で数か月入院され、その後、在宅復帰されるケースが多いです。回復期リハビリテーション病棟、ベッド数は人口10万人あたり50床以上となっており本当に頼もしい存在です。在宅復帰されて、はじめの2.3ヵ月が重要な時期で、ソフトランディングできるようにサービスの調整等が必要です。代々木リハビリセンター(YRC)では、その後の安定して生活されている中での予防リハビリでご対応させていただくことが多いです。保険外・自費での予防リハビリをご検討されている方、新宿、渋谷、初台、原宿周辺にお住まいの方、YRCまでお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

東京マラソン

次の記事

靴選び