早期にリハビリを

脳血管障害に対するリハビリは発症後早期から行うことが重要です。急性期病院では発症直後から行われれます。これは今では当たり前ですが、20年くらい前までは、タイムラグが非常に大きかった。早期にリハビリをはじめた方が日常生活動作の回復が大きいことがわかっています。リハビリテーション医療が進んだと言えます。これは退院後でも同じことが言えます。今やるのか、数か月後やるのかでは、回復が違ってきます。代々木リハビリセンター(YRC)では早期のリハビリを推奨しております。また、再発予防も含め、 現状の生活を維持することも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

金村義明さん

次の記事

外にでましょう