装具が壊れた!

足に装着する装具、短下肢装具(AFO、ひと昔前はSLBと言いましたが、今は誰も言いません)は、特にガンガン歩いている人は、経年劣化も加われば、壊れることもあります。病院の外来や訪問が終了している人はどこに相談すればいいのか、、、よく相談があります。修正できる状態であれば、装具作製会社に依頼するのですが、どこで作ったかわからない? よくあることです。ある装具作製会社は装具に会社名のシールを貼付してくれています。わかりやすくていいですね。作製時に資料を渡しているけど、保管している人がどれだけいるか。これは非常に難しい問題です。再作製についても保険制度がややこしすぎます。壊れることもあるので、スペアって概念もあって然るべきだと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

腸内細菌