腸内細菌

腸内細菌。 年齢を重ねると、ビフィズス菌などが減少してしまいます。逆に、ウエルシュ菌などの悪玉菌が増加します。このバランスは年齢の他に体調、偏食、ストレス、運動不足などによっても変化します。

ビフィズス菌や乳酸菌などは消化吸収の補助、感染症抑制、免疫刺激、ビタミン合成に作用してくれます。健康体をつくるため、腸内を善玉菌優位にしましょう。ヨーグルトなどの摂取を継続しましょう。

保険外リハビリ 代々木リハビリセンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

装具が壊れた!