パーキンソン病

マイケル・J・フォックスさんが、パーキンソン病と判断されたのは1991年、もう30年にもなります。その後、1998年に財団を立ち上げられ、パーキンソン病治癒のための研究支援などを継続されています。

パーキンソン病の方は症状の進行により転倒が増えてきます。転倒による外傷からの廃用症候群で動作レベルが下がってしまうことも多いです。
転倒を少なくするためには環境を整えること、歩行補助具を適正なものにすること。靴の選択なども重要です。一緒に歩いていただける方がいる場合は、声掛けやサポート方法により転倒は少なくすることができます。
代々木リハビリセンター(YRC)ではパーキンソン病に対するリハビリの相談も行っております。お気軽にお問い合わせください。

保険外リハビリのYRC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

熱中症

次の記事

オンラインプログラム