仙骨座り 自費 保険外リハビリの代々木リハビリセンター

車椅子の話は長らくしてませんでしたね。
よくある仙骨座り。

そもそもバックシート(背もたれ)に背中が接触しているだけで、
殿部は前方へスライドし仙骨座りになりやすい状況です。
座面の角度、バックシートの角度が変えられる車椅子であれば、ある程度調整できます。
また、衣類と座面で摩擦もあり止まっているわけです。

仙骨座りを悪化させる原因としては、
車椅子座面が前後に長すぎる、フットサポートの位置が低すぎるなど、
サイズが合っていない、調整されていないことが挙げられることが多い。

シーティングのできていない車椅子に乗っていると、
不調をきたします。
合っていない靴を履いているようなものです。

この車椅子、身体に合っているのかしら?
私の生活上でこの車椅子でいいのかしら?

車椅子、福祉用具のご不明点は、
代々木リハビリセンター(YRC)の理学療法士にご相談下さい。

保険外リハビリのYRC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です