適応 保険外リハビリの代々木リハビリセンター

ダイエットする場合、カロリーを制限するのが一般的です。
単純にカロリーを低くすると、一定量は減量できます。
ただ、それ以上は停滞してしまいがち。

カラダがそのカロリーに適応してしまうからです。
少ないカロリーをでなんとかやりくりしようと反応してしまいます。

長期的、例えば半年くらいでダイエットを考えた場合、
ある程度のカロリーを抑えて、
タンパク質の摂取はカロリーの35%くらいを常にキープ。
その上で、ローカーボとローファットを1か月で、
切り替えるさらに効果があります。

トレーニングもダイエットもカラダに慣れさせない。
適応をさせないことが大切です。

保険外リハビリの代々木リハビリセンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です