加水分解反応 自費・保険外リハビリの代々木リハビリセンター

食品を吸収してエネルギーに変換するため、
食べたものを分解して分子レベルに落とし込むことを、
加水分解反応といいます。

加水分解反応には水が必要です。

分子レベルになった成分は水に溶けて、
吸収、運搬、排泄されます。

カラダの60%は水分。
こまめに水分摂取が大事です。

保険外リハビリの代々木リハビリセンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です