慢性硬膜下血腫 自費リハビリの代々木リハビリセンター

慢性硬膜下血腫。

転倒などによる頭部外傷などの後、
徐々に硬膜と脳の間に出血が続き血腫を形成することでおこります。
それにより脳内が圧迫され、様々な症状が現れます。
片麻痺などから歩行、移動にまで影響がでることもあります。
廃用症候群も併存しやすくなり、
活動量確保が必要です。
ディコンディショニングとならないよう注意が必要です。

自費リハビリの代々木リハビリセンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です