マスク 保険外リハビリの代々木リハビリセンター

屋外でのマスク着用危険です。

厚生労働省HPにも、以下、新しい生活様式、マスクについて掲載されています。

マスクを着用していない場合と比べると、
心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、
身体に負担がかかることがあります。
したがって、高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、
熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、
屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、
マスクをはずすようにしましょう。
マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避け、
のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。
また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、
マスクを一時的にはずして休憩することも必要です。
外出時は暑い日や時間帯を避け、涼しい服装を心がけましょう。

保険外リハビリの代々木リハビリセンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です