COVID-19

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のワクチンの早期の実用化を目指し、厚生労働省は、一般的に数年かかる実用化までの期間の大幅な短縮を目指すとしたプランをまとめました。研究開発費用として今年度の第2次補正予算案に500億円を盛り込んでいます。また、これまでは実用化の目途がたってから手配される生産体制の整備を研究開発と同時に進められるよう、1400億円の基金を政府が用意し、民間企業の設備投資などをバックアップするとしています。これらの対策によって、実用化までの期間の大幅な短縮を目指すとしています。

ワクチンができれば、以前の日常が取り戻されるだろう。

しかし、また新しいウイルスや人類を脅かす何かが必ず起きる。
次の対策も考えて行動したい。

保険外リハビリの代々木リハビリセンター(YRC)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

雨が降りそうです

次の記事

TIA